フィレンツェのマンニーナ 追記

%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%8A%EF%BC%92.jpg

「結局、大東さんのはマッケイなの?」
「底はオールレザー?」
「プライス教えて!」
と、反響が大きかったので今回はもう少し詳細に☆

製法は「マッケイ」です。
靴好きな方はご存知の通り、マッケイは「返りが良い」という長所が
ある反面接地感が少し硬くなります。
地面についた時の衝撃が比較的ダイレクトに伝わりやすいのです。
これは製法の特徴上、中モノ(コルク)があまり入らないから。

グッドイヤーはこの点、馴染むまでに多少時間がかかりますが、
コルクの分量が多いため、接地感が柔らかい感じになります。
ただし、すべてのグッドがそういうわけでもなく
「クォリティーの高いグッドイヤー」限定ですが・・・

ところがドッコイ、
この靴はソール材のおかげでそこまで硬さは感じません。

写真のようにウェスト部分を除き、ラバーソールになっているんです!
デザイン的にもサイドゴアとマッチし、「なかなかやるな!」という
仕上がり。
多少の雨でも履けるという利点もありますし。

プライスは260ユーロほどでしたので、円換算すると約33,000円。
日本の靴事情からすると良心的と言えるのでは。

最近になって、いくつかのインポートシューズが値下げをしていますが、
それでも、クォリティー、現地の価格を考えると割高なのが実情。
絶対値としての高い、安いではなく、
「モノの価値とプライスのバランスが適正か」

私たちもこの「モノを見る目」を磨こうではありませんか!

                                   代表 大東

STAFF

代表 大東 代表 大東

店長 和田 店長 和田

スタッフ 大石 スタッフ 大石

CATEGORY

topへ