カシミア スーツ

%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%A2%EF%BC%94.jpg

『カシミア』の服地では何を連想しますか?
たいていの方はジャケット、コートを思い浮かべると思います。
ところが、高級カシミアの取扱高で世界一のロロ・ピアーナには
『スーツ用』のカシミアもあるんです!(写真は私が今シーズン仕立てたものです)
『え! 強度は大丈夫なの?』 という声が聞こえますがこんな秘密があるんです。

☆WORSTED CASHMERE (ウーステッドカシミア)である☆
ウーステッドとは梳毛のことで、ごくごく簡単に説明すると
『長めの原毛を梳いて』糸にしたものです。
これに対し、ウーレンとは紡毛のことで『短い原毛を紡いで』糸にしたものです。
梳毛は『長い』原毛を用いるので、『短い』原毛の紡毛より耐久性に優れる
という一つの特徴があります。
そうです!
ここで気づいた方もいると思いますが、一般的なカシミアというのは
『ウーレン』で、ロロ・ピアーナのカシミアスーツは『ウーステッド』なのです!

一言でウーステッドカシミアといいますが、それを商品化するには『良質な原毛』
プラス『高い技術力』が必要不可欠。
よって世界でも希少なファブリックとなります。

1812年(日本は江戸時代)創業のロロ・ピアーナ社の矜持です。

                               代表 大東

topへ