TROFEO or TASMANIAN

TROFEO%20or%20TASMANIAN%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG 皆様こんにちは。 ハロウィーンも終わり、イルミネーションが増えて きましたね!
夜の街がとても綺麗に彩られ、銀座、有楽町周辺も、 より華やかさが増しています♪ 歩けばどこもかしこもカップルだらけで微笑ましい 光景が広がっています。

一方、私の地元はまだまだイルミネーションが始まりません… 年々、小規模化されていくので今年は行われないかも しれません。(笑) ということで、銀座で存分に楽しみたいと思います!

イルミネーションで華やかさの増す街を、より楽しむ為に スーツをオーダーしました! ゼニア、ロロピアーナの看板服地「TROFEO」 と「TASMANIAN」です。

せっかくなので、この2つの比較を独自の視点で感じたことも 交えて、お伝えしたいとと思います!
共に上質なメリノウールのSuper150‘Sを使用した高級服地。 光沢の出方も、さほど違いはなく共に高級感が有ります。
では、どこが違うのか? まずは、生地感の違い 春夏と秋冬でTROFEOは生地のフィニッシュの加工を変え ています。目付は共に240gまたは250gと同じですが、 秋冬ではセミミルド加工が施されている為、少しだけ起毛感 が生まれ暖かみが増しています。(ただ春夏に着ていても違和感はない程度です。)

一方、TASMANIANは1年通して同じ生地ですので変化は ございません。
目付は250gのみとなっております。 そして着心地の違い。TROFEOは上記の通りSuper150‘Sとなめらかな糸の繊維を 使用しています。しかし、改良されてはいますが低速織機を使用していること も有り、程良い「ハリコシ」も有ると感じました!

TASMANIANはTROFEOのようなハリコシは望めませんが、 Super150‘S以上のなめらかさを感じます。
ちなみにTROFEOには 「TROFEO600」と「TROFEO DENIM」 TASMANIANには 「SUMMER TASMANIAN」と「WINTER TASMANIAN」 という服地もあります。こちらもまた別日に比較したいと思います。

皆様は上質なメリノウールのSuper150‘Sを使用した 高級服地にどちらを求めますか? 私は決められないので、2回イルミネーションを観に行く ことにします!(笑)

大石

topへ