ディレクターズスーツ

%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC.jpg

「三ヶ月後に式を控えているのですが、どんなスタイルがいいのでしょうか?」
というご相談をよく受けます。
私にはまだ先のことになりそうなのですが(笑)
お話していて、やはり嬉しくなります。

結婚式などで、昼間(およそ17時まで)の準礼装として着用されるのが
「ディレクターズスーツ」です。
ちなみに正礼装が「モーニング」となります。

・ブラックのシングルピークジャケット(1B×1)
・シルバーグレイのベスト
・ウィングカラーのシャツ
・縞コールのパンツ
という組み合わせが正統です。

また、黒のパンツとベストがあれば弔辞の時にも着用できます。

ブレスではディレクターズスーツといえども「クラシック」「モダン」「スタイリッシュ」
にお仕立てしますのでカッコイイですよ。
詳しいことはスタッフにご相談下さい。

写真は、横浜のA様がご自身の挙式の為にお仕立てされたものです。
A様ありがとうございました。そしてご結婚おめでとうございます!
お二人の輝かしい未来を心よりお祈りします。

                                  岸本

topへ